皮膚科担当医

皮膚科担当医

荒井 延明

あらい のぶあき


月に1度、完全予約制にて専門医の荒井先生による診療を行っています。


皮膚の病気は難しく、なかなか良くならないケースも多いです。「薬も試したし、ご飯も変えたけど良くならない」「どうずれば良いのかわからない」といった場合でも、当院へご相談ください。

症例写真

どの症例もサポート開始から二ヵ月間の成果です。根本原因を追求する事で短期的な成果が得られています。

荒井先生の略歴

1985年
帯広畜産大学 獣医学科卒業 家畜解剖学教室に所属
1987年
北海道大学大学院形態機能学専攻 修士課程修了 獣医学修士 獣医師
1987年~1996 年
都内・北海道にて動物病院勤務
1996年~2004年
ペットフードのアイムス・ジャパン(株) にて犬と猫の栄養学に関する専任獣医師として勤務。
2004年~2019年2月
犬猫の血清検査サービスを実施するラボ会社:スペクトラム ラボ ジャパン(株) に勤務。テクニカル・ディレクターに就任 サーベイを中心に研究活動を行った。

現在は AIN’S動物診療サポートを立ち上げ、動物皮膚科のホームドクターとして複数の動物病院への出張予約診療、 契約先動物病院の診療サポート業務に従事している。

荒井先生の著書

<論文>

  • 「犬のアトピー性皮膚炎の発症年齢と臨床症状 」獣医疫学雑誌 第 16 巻 第 2 号 pp126-134 (2012 年 12 月 査読後掲載) (荒井延明・薄井志保・纐纈雄三)
  • 「薬物スコアを用いた犬のアトピー性皮膚炎に対する減感作療法の評価」動物臨床医学 Vol.22No.2pp53-60 (2013年6月 査読後掲載) (荒井延明・中丸大輔・原 康・多川政弘)
    など

<著書>

  • 「伴侶動物治療指針 Vol.1-犬のアトピー性皮膚炎の治療の章」(チクサン出版社)
  • 「伴侶動物治療指針 Vol.2-脂質代謝解析結果の治療への応用 の章」(緑書房)
  • 「伴侶動物治療指針 Vol.3-フィルムへのアプローチ の章」(緑書房)
  • 「伴侶動物治療指針 Vol.5-舌下免疫療法 CADの新しい治療OP の章」(緑書房)
  • 「伴侶動物治療指針 Vol.6-歯周病原細菌の悪性度 の章」(緑書房)
  • 「伴侶動物治療指針 Vol.7-ICADA2015 の解釈と国内での適用 の章」(緑書房)
  • 「改訂新版 ネコの病気百科-栄養と病気の章」(誠文堂新光社)
  • 「2005年 第8号 No.194-アトピー性皮膚炎の治療に減感作療法を取り入れる」(チクサン出版社)
  • 「愛犬の友 2005年10月号-やっかいなアレルギー克服術」(誠文堂新光社)
  • 「NOTE 2006年7月号 No.012 海の向こうの減感作療法:減感作推進派獣医師がオハイオ州で見てきたもの」(インターズー社)
  • 「小動物臨床 Vol.27 No.5(2008.9)-Th1/Th2 バランスからみた犬のアトピー性皮膚炎のトータルマネージメント 動物に優しい治療をこころがける」(山水書房)
  • 「愛犬の友 2009年2月号-犬も花粉症?-アトピー性皮膚炎との関連性について」(誠文堂新光社)
    など

<訳書>

  • 「やさしくわかる犬の皮膚病ケア TimNuttall著」 (ファームプレス社) -共訳
    など

1度診察させて頂いたうえでのご予約となりますので、診察ご希望の方はご来院のうえ獣医師にご相談ください。

PAGE TOP